医師

鼻づまりは未然に防げる|普段から気をつけよう

必要性がある

病院

年を重ねると耳が聞こえにくくなることがよくあります。しかし、いきなり補聴器を使うのは抵抗があるという場合は、レンタルできるお店もあるので試してみるといいでしょう。音がクリアに聞こえるようになり、音楽鑑賞なども楽しむことができます。

More...

レンタルで安心

耳を触る女性

耳が聞こえなくなったと感じたのなら、補聴器をつけるといいでしょう。最近では技術が進み以前と変わらない音を聞くことができ、レンタルできる場合もあるので安心して試せます。

More...

未然に防ごう

男女

販売店選びは慎重にしましょう

難聴による聞こえの問題を解決するための補聴器。自分に合った最適な補聴器を選ぶのには、どのような注意が必要なのでしょうか。眼鏡店などでも手に入れることが出来る補聴器ですが、購入に際して十分に話し合うことが大切です。販売店に自分の聞こえの状態を詳しく説明し、効果を確認しましょう。専門の設備を備え、専門知識を持つ相談員がいる販売店を選ぶことが、何よりも大切です。簡単に買い求めてしまっては、後々の生活に不便が生じることになります。販売店によってはアフターフォローのない場合もあります。注意しましょう。金額が安い高いではなく、自身の希望にあう補聴器を選んで下さい。補聴器は医療機器です。快適な生活のため販売店選びは慎重にしてください。

補聴器を長く使うコツ

補聴器は精密な医療機器です。汗や耳垢などにさらされて、汚れがついてしまうと性能が落ちてしまいます。販売店では超音波洗浄などの機器を用いてメンテナンスを行っています。ご自分で日頃のお手入れとしまして、ご使用後は専用のブラシや布などで汚れを落とし、乾燥ケースの中で保管してください。冬場の結露も聞こえが悪くなる原因となっています。保管には十分気を付けてください。また、冬場は暖房器具から発生する二酸化炭素の影響で電池の寿命が短くなります。よく温めてから使用するといいそうです。聞こえが悪くならないように、また長く愛用できるように大切に使用しましょう。ご自分の体の一部として働いてくれる補聴器です。扱い方には気を付けてください。

未然に防ぐ方法

風邪以外でも鼻づまりになる場合がありますが、日頃から気をつけるだけで未然に防ぐことができます。部屋と外では温度差が違い、それが原因で症状がでることもあるので、出掛ける時はマスクを着用するといいでしょう。また、マスクを付けることで車やバイクなどの排気ガスをカットしてくれるので、体にも負担がかかりにくくなります。花粉症やPM2.5なども防ぐことができるので便利です。他にも、ハウスダストで鼻づまりになってしまうこともあるので、時間がある時はこまめに部屋の掃除をしておくといいでしょう。

補聴器の価格

看護師

販売店で手に入れることが出来る補聴器の価格は、大きさや備わっている機能など、さまざまな条件で決まってきます。どんなタイプの補聴器が必要なのか固めてから、購入しに行くのが望ましいと言えます。

More...